借金だらけの貧乏私大医学生の日常

どうしても医師になりたくて、医学部再受験しました。合格と一緒に借金2000万もついてきました。

医学生が家庭教師をしていてもどかしく思うこと。家庭教師業界に物申す2

どうも、受験シーズンまっただ中で

ほぼ毎日家庭教師にいそしむ貧乏医学生です。

受験生の皆さんがんばれーーー!!!

さて、以前上記タイトルの記事を書いたところ、

なかなか読んで出さっている方が多いようなので、

最近思うことを書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

以前の記事はこちら↓

 

binbouigakusei.hatenablog.com

 

私は、今現在含め、

いままでいくつかの家庭教師会社に登録して、

生徒さんを担当してきました。

 

有名な大手の会社から、比較的小規模なところまで。

 

今現在は大手の会社経由で紹介された生徒さんを

主に担当しています。

 

そこで、ご家庭との信頼関係ができてくると、

いろいろとお話ししてくださいます。

 

ご家庭からよく聞く言葉。

 

「毎月家庭教師会社に払わなければならない費用が高すぎて、

続けるのが厳しい」

 

実際、毎月の費用を払い続けることが厳しくなり、

途中でやめていくご家庭も少なからず見てきました。

 

最近も担当していたご家庭が、

上記の理由で途中でやめることになりました。

 

 

実際、どんな費用が掛かっているのですか?

とお聞きすると、

・授業料(そもそもこれがバカ高い)

・毎月の維持費のようなもの(何を維持してるの?)

・家庭教師選定代(これは毎月ではない)

 

授業料に関しても、

これは私も聞いて驚愕したのですが、

ご家庭が1時間当たり払っている授業料の単価は

私たち講師がいただいている授業料の倍以上!!

 

じゃあ、これだけの費用を毎月徴収しているのならば、

それなりの生徒さんに対してそれなりのケアをしているのかといえば、

答えはノー。

 

家庭教師を紹介したら、

あとはほぼ丸投げです。

f:id:binbouigakusei:20170213172026j:plain

 

家庭教師を申し込むご家庭のお子さんは、

誤解を恐れずに言えば、

「勉強が本当にできない子」が多いです。

あくまでも私の今までの経験上の感覚ではありますが。

 

勉強のしかたもよくわからない。

 

それなのに、なにかフォローするわけでもなく、

高額な費用をとって

せいぜい週1-2回の家庭教師の授業に丸投げして、

それでいいんですか?

 

 

塾に行っていたけれどついていけなくて、

わらにもすがる思いで家庭教師を申し込んだ。

というご家庭が結構多い。

 

授業料たんまりとっているのに、

それ、なにに使っていらっしゃるんですかね?

 

維持費って、いったい何を維持してらっしゃるのですか?

 

いいたいことは次々と出てきますが、

もし、お子さんをお持ちの親御さんで

塾や家庭教師を探しているかたがいらっしゃったら、

これだけは言いたい。

 

大手=安心できる

というわけではありません!

 

むしろ、広告に頼らず、

いいサービスを提供していところが探せばあるはずです。

 

いまや、インターネットで探せばいろいろとでてきます。

 

例えば、私がみたなかでここはなかなか良心的だと思ったのは、

【Teachers Market】 というマッチングサービス。

 

ここのポイントは、

・自分で教師を選べる

・必要な経費は授業料+交通費のみ

・入会金、年会費、教材費無料

・利用後、もし成績が下がった場合、半年間の授業料を返金してくれる

 

ページをみてもらうとわかる通り、

今日仕事の時間単価も表示されているので、

とても分かりやすいです。

 

そして、授業料返金て、すごいなこれ。

自信がないとできませんよね。

 

なによりも、必要な費用が授業料+交通費のみというシンプルさがいい。

いったいどこで利益だしているんだろう。。。

 

 

ここだけでなく、

さがせばこういう良心的なサービスを提供しているところはあると思います!

 

家庭教師や塾をお考えのご家庭はぜひ、いろいろと調べてみることをお勧めします。

 

そして最後に一言。

 

家庭教師や塾にいかせているからもう大丈夫。

そう思っているかたがいらっしゃったら、

それはちょっと違うと思います。

 

結局は、お子さん本人が「勉強」をしなければ何も変わらない。

 

勉強を続けられるようなきっかけを作ってあげるのが

家庭教師の仕事だと思っています。

 

あ、ひとことじゃなくなっちゃった 笑

 

さー、今日もはりきって授業してきます!

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク