借金だらけの貧乏私大医学生の日常

どうしても医師になりたくて、医学部再受験しました。合格と一緒に借金2000万もついてきました。

金額だけ書く「レコーディング家計簿」はなかなか効果あり

ズボラな人間は、

最初から完璧を求めちゃいけない。

はい、わたしのことです。

スポンサーリンク
 

家計を改善させると決意してから、

毎日使った金額だけをメモしてます。

ポイントは、「金額だけ」というところ。

f:id:binbouigakusei:20161111225103j:plain

 

たとえば今日のメモはこんな感じ。

 

11/11

200円

149円

780円

190×2円

431円

1429円

571円

合計 3940円

 

項目は書いていません。

このやり方は、

貯められる人は、超シンプル

貯められる人は、超シンプル

 

 からヒントをもらいました。

本の中では、最初から完璧にしようとしても続かないから、

まずは金額だけでも、みたいに書いてあった気がします。

 

 

それもその通りなんですが。

 

継続しやすいというメリットだけでなく、

意外な効果も感じています。

 

 

こうやってメモして、例えば当日の夜に見返すんですが。

 

それぞれの金額を見たときに、

何の金額なのか、すぐに思い浮かばないことが意外と多い!

 

つまり、

それだけお金を使ってっているという意識が弱いんじゃないかと

気づいたわけです。

 

でもこうやって金額だけ書くことで、

もう一度自分が何にどれだけお金を使ってるのか

いやでも思い出すことになる。

 

項目も書いてしまうと、

逆に印象に残りにくくなる気がします。

 

あくまでも主観ですが。

 

今の私にとって、

自分はこれだけお金を使っているんだと

つよく印象付けることはとても大切。

 

だから、しばらくの間、

「金額だけレコーディング家計簿」

つづけていきます。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク