読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金だらけの貧乏私大医学生の日常

どうしても医師になりたくて、医学部再受験しました。合格と一緒に借金2000万もついてきました。

お金がなければ健康を損ないかねないし、その逆もまたしかり

ここ3か月で2回婦人科を受診しました。

気になる症状があったからです。

 スポンサーリンク
 

 

その際に子宮がん検診も受けました。

結果は異常なし。

 

ホッとしましたが、

体にちょっとした不調が出るたびに、

自分の立場の不安定さにぞっとします。

 

ちなみに直近の受診の際にかかった治療費は3620円。

f:id:binbouigakusei:20161105151724j:plain

 

 

うちの大学では、学生本人が病院を受診した際の治療費は

申請すれば後で戻ってきます。

この制度にはとても感謝しています。

 

うちの大学は学生本人に限るのですが、

他の私大では、家族の治療費も請求できるところもあるとか。

すごいですね。

 

私大医学部受験を考えていらっしゃる方は、

そういう面での大学の充実度もしっかり調べてみるとよいかもしれません。

 

話が逸れましたので元に戻して。

 

私の今の立ち位置は、

借金役2000万円を背負った、ただの学生。

 

ただの学生。

 

国家試験に合格して、医師免許をもらって、

初期研修2年を終えなければ、診療行為をできる医師として認められません。

 

それまでの間に、もし自分の身体に何かあったら。

そう思うと恐ろしいです。

 

だから、体の異変を少しでも感じたら、

なるべく早めに病院に行くようにはしています。

 

しかし、あとで請求すればお金が戻ってくるとはいえ、

いったんは自分のお財布から払わなければならない。

 

そのときに、現金を持っていなければ、

病院を受診することすらできない。

 

そのことをつい最近も痛感しました。

 

自分の家計管理ができていないことで、

健康を損なう恐れもあるんだと。

 

今までの私は、

ただただ現実逃避しているだけでした。

 

借金が多額すぎて、現実感がなくなり、

毎月入ってくる奨学金が借金だという感覚もいつしか消えていました。

 

ここで変われなかったら、この先も同じですね。

なんとしても変わります。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーリンク