読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金だらけの貧乏私大医学生の日常

どうしても医師になりたくて、医学部再受験しました。合格と一緒に借金2000万もついてきました。

奨学金を多数借りている私が考える、奨学金を借りるメリット・デメリット

奨学金・借金

f:id:binbouigakusei:20150706115104p:plain

 

奨学金」で検索してこのブログに来てくださる方が

少なからずいるので、奨学金ネタを。

 

 スポンサーリンク
 

ブログタイトル下の説明文や、自己紹介を見てもらえばわかる通り、

私は奨学金を約2000万円借りています。

 

というか、正確にいえば、

これから借り続ければ、卒業までには約2000万円に到達します。

 

・内訳としては、おおまかにいうと、

日本学生支援機構の第2種奨学金(利子あり)

地方自治体の勤務で返すタイプの奨学金(決められた年数勤務すれば、返済免除)

地方自治体の奨学金(無利子)

 

といった感じです。

 

さて、さっそく、私が考える

奨学金を借りるメリットデメリットを。

 

メリット

いわずもがな、私の場合、

この奨学金があるからこそ、

大学に通い続けることができています。

 

それくらい、私大の医学部の学費はアホみたいに高いです。

 

また、これは医学部に限った話になりますが。

今、「地域枠」を設けている医学部が多いです。

また、地方自治体独自でこういった奨学金を設けているところも

大分増えています。

 

これは、決められた地方自治体で決められた年数働くことで、

学費相当の奨学金をもらえる場合もありますし、

そこまではいかずとも、月々それなりの金額の奨学金をもらえます。

 

働く場所に特にこだわりのない方、

逆にこの地域の医療に貢献したい!

という思いのある方にはぴったりかと思います。

 

メリット、以上。←すくなっ

 

デメリット

 

これもいわずもがな。

奨学金=借金です。

 

大学を卒業して1,2か月もたてば、返済が始まります。

 

当たり前ですが、返さなければならないのです。

 

利息つきのものであれば、

当然、利息も払わなければなりません。

 

つまり、借りた金額よりも多くの金額を払わなければならないのです。

 

私は、日本学生支援機構奨学金の一部を生活費として使っています。

 

毎月1回、口座に振り込まれます。

 

恐ろしいことに、毎月振り込まれていると、

だんだんと、このお金が自分のお金のような気がしてきます。

 

あくまでも、一時的に借りているだけなのに、

返さなければいけないものなのに、

まるで収入であるかのように錯覚してくるのです。

 

これは、ただ単に私がだらしない性格だからそう感じるのかもしれません。

 

でも、毎月当たり前のようにお金が振り込まれる状態って、

実は怖いことだなって、最近感じます。

 

 

だって、100%完璧に返せる保証はないわけです。

自分が病気になって働けなくなるかもしれないし、

命が突然絶たれるかもしれない。

 

よく、これだけの借金を抱えている私に、

「医者になれば返せるから大丈夫だよ~」

という人がいます。

 

言っているほうは悪気はないのはもちろんわかります。

 

医者は、それなりの収入を確保できるから、

返していけるよ、という意味でいっているのもわかります。

 

でも、もし自分に何かあったとき、

保証人の方に迷惑がかかることになるわけです。

 

大体、奨学金は保証人を2人必要とするものが多いです。

 

連帯保証人1人。

それとは別生計の保証人一人。

 

大体連帯保証人は自分の親。

もう一人の保証人は、別生計の兄弟姉妹がいれば兄弟姉妹。

いない場合は、親戚や知人など。

 

だれに頼むにせよ、

保証人になっていただく際には、

大きなリスクを背負っていただいているわけです。

 

日本学生支援機構奨学金の場合には、

保証人が見つからない人のために、機関保証制度というものを用意しており、

保証料を支払うことによって、保証人がいなくても奨学金を借りることができます。

くわしくはこちら。

奨学金Q&A〜機関保証制度〜-JASSO

 

 

まとめ

 

ずらずらと書きましたが、

借りなくて済むなら、借りないのが一番。

それが奨学金だと思います。

 

だって、借金ですから。

 

 スポンサーリンク
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
人気ブログランキングへ