読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金だらけの貧乏私大医学生の日常

どうしても医師になりたくて、医学部再受験しました。合格と一緒に借金2000万もついてきました。

私は、人一倍失敗を恐れるけれど、人一倍失敗をする人間

f:id:binbouigakusei:20150207144748j:plain

 

私は、人一倍失敗を恐れる人間です。

 

同時に、人一倍失敗をする人間です。

 

 

 スポンサーリンク
 

 

 

夢をかなえるゾウ3を読了して、

あ、これまさに私のことだと思う1節がありました。

 

以下引用です。

 

「例えば、『資格を取りたい』と言うてる人がおって、でもそいつは全然資格試験受けへんねん。そんで、そいつに、『なんで試験受けへんの?』て聞くとな、『もっとこの分野のこと調べてからにする』とか、『今の仕事を一段落させてからにする』ていうねんな。いや、たしかにその分野のこと調べるんは大事やし、いきなり仕事を放り出して勉強するんもまちごうてる。でもな、もし本音では、資格試験に落ちるのが怖いだけやのに、その怖さから逃げるために、『筋の通った話』を作ってたとしたら、それ一番危ないことやで。そうやって逃げたい気持ちを正当化する癖ついてまうと、その人は絶対に成功できへん。成功するために本当にやらなあかんことも、言い訳つけて逃げる癖がついてまうからな。そんな風になるくらいなら、『資格試験に落ちるのが怖いから受けてない』て正直に言える方がまだましやで。」

 

 

ぐさり。ちくーん。

 

自分のことを思い返してみると、まず思い出すのは中学生の頃(笑)

 

私は剣道部だったのですが。

剣道の練習では、まず、基本の技を練習して、その後自由稽古というのがあります。

下級生が、同級生や、上級生や先生のところへ稽古をお願いしに行って、

試合形式の稽古をつけてもらいます。

 

つまり、自分から行かない限り、稽古をする回数は減るわけで。

サボろうとすればサボれるわけです。

 

当時は中1だったかな。

ある友人と稽古したあと、お互いにアドバイスをするんですが、

その時にたしか私はこんなことを言った覚えがあります。

 

「まだ基本技が上手く打てないから、基本技を上手く打てるようになったら、

もっと先輩や先生に稽古をお願いしようと思う」

 

このとき、たしか友人は、「気持ちはわかるけど、それでもやっぱり、稽古お願いしたほうがいいと思うよ」

 

というような感じのことを言ってくれたような覚えがあります。

 

 

こんな昔から、逃げ癖がそれはもうしっかり見についていた私。

 

上手く打てるようになったらって、いつやってくるんだよ、それw

ていうか、上達するために、稽古付けてもらうんでしょうに。

自分よりも上手の人稽古するんだから、たたきのめされて当たり前だ。

 

 

その後、十数年生きてきて、

多少は成長しているのかいないのか。←わからないのかよっ

 

ですが、いい意味で失敗する回数が増えたのは確かだと思います。

逃げ癖もまだ染み付いてますけどね。。。(;´∀`)

 

今日はこのへんで。

このテーマに関してはもう少し書いていこうかなと思います。

最後までお付き合いありがとうございました(^-^)

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

スポンサーリンク

 

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
人気ブログランキングへ